カオスにオサレな仮想世界

アクセスカウンタ

zoom RSS ダンガンロンパチャプ1クリアしたのでネタバレSSw

<<   作成日時 : 2011/02/18 03:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ネタバレしたくない人注意w
苗木と霧切の間でありそうな追悼話。

「夢の選択」

凄惨な処刑に戦慄を覚える中霧切さんがそっと近寄り、誰にも聞こえないように耳打ちした。
「後で私の部屋に来なさい」
「…舞園さんの事だね?」
「ええ、そうよ」
処刑が眼に焼きつき、なかなか離れることはできなかったが、長い時間を過ごし、部屋を後にする。

みんなが部屋に戻ってしばらくして、霧切さんが使用している部屋のチャイムを鳴らす。
「鍵は開いているわ」
「…うん」
扉を開けて中へ入ると、ベッドに寝転んでいる姿が眼に飛び込んでくる。
彼女は退屈そうに指先の上で長方形の薄いものを回している。
「これが何か分かる?」
「パスケースみたいだけど・・・?」
「そ」
放り投げられたパスケースを掴み、確認する。
「・・・あれ?僕のと同じだ」
「中を開けてみなさい」
言われるがままに中を開く。
ごく普通のICカード。
名前は・・・舞園さやか。
「・・・これは・・・?」
「彼女の遺体の胸ポケットにあったわ」
「勝手に持ってき」
「私は、いったわよ?『彼女が君の事を想っていた』と考えるにいたった理由が」
「・・・それは?」
「ここまで言ってわからないのかしら?」
起き上がり、笑いかける。
釈然としないものの、中を見るしかない。
「・・・」
パスケースの中には、僕の写真が入っていた。
・・・何故?どうして?僕が彼女の事を知っていても、彼女が僕を知っていることなんてないはずなのに・・・?
「彼女は、君の事を前から知っていた。そして、彼女は夢と君のどちらをとるかで悩み、悩んだ挙句、この結末へ至った」
「…」
「彼女にとって、仲間との夢を選んだ結果なのだろうけど、夢を選ぶ前に、君に恋心を抱いていた、しかし、それは成就されずにいた。今更、夢よりも恋を選ぶなんて難しいのかもしれない。だから彼女は、夢を選んだ」
一呼吸置いて霧切さんは残念そうにつぶやいた。
「夢を選び、失敗して、彼女は殺されてしまった。犯人の手掛かりを残さなければ君が処刑されてしまうから
彼女は君にメッセージを残したんだ」
「・・・」
不意に熱い雫が頬を伝っていた。
「・・・ん?泣かせてしまったか」
「違う、違うんだ。舞園さんの苦しみを少しでもわかろうとしなかった、僕が、僕に、彼女を救えるだけの力があれば・・・!もっと・・・!もっと・・・!」
とめどなく溢れる後悔、嘆き、苦しみ、しかし、何よりも悲しいのは、自分を信用してくれた誰かを守れなかったこと・・・。
「いいんだ、君はそのままで。人は誰もが英雄じゃないのだから。自らの手の届くところにいる人さえ守れないときもある。・・・今日は遅い、ここで眠っていくがいい」

END

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダンガンロンパチャプ1クリアしたのでネタバレSSw カオスにオサレな仮想世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる